更年期のイライラにアロマが効果的?

女性の更年期のイライラには、アロマの効果が症状の緩和に役立ちます。
更年期の代表的な症状に、気分の落ち込みや、イライラなど、精神的な不調があります。

女性ホルモンの減少によるもので、女性であれば、程度の差はあるものの多くの人が経験することです。
イライラには、アロマを利用する対処法があります。
アロマは種類が豊富で、目的や用途により使い分ける必要があります。
気分を落ち着けるアロマには、ラベンダーや、カモミール、グレープフルーツ、サンダルウッドなどがあります。

好みもあるので、自分が好きな香りを試してみると良いでしょう。
ラベンダーは、安眠効果もあるので、夜に眠れない人にも適しています。
更年期で気分が落ち着かない時や、落ち込む時などは、グレープフルーツなどの柑橘系の香りを嗅ぐと、気分も落ち着いてリフレッシュできます。
毎日の休憩時間や、リラックスできる時間の時に、アロマを使うことで、気分転換になります。
夜に眠る時に、セージや、ラベンダーの香りを部屋に焚くことで、更年期の症状も和らげることができて、気分も落ち着きます。
香りにはリラックス効果があるので、自分の好みの香りを試してみると良いでしょう。

1a

更年期のイライラで食べ物を過剰に摂取してしまう?

更年期の症状で、何かと過剰に反応しイライラしてしまうことがあります。
また、イライラと同時に空腹感を感じ、食べ物を必要以上に摂ってしまう傾向にあります。
空腹感は、グレリンと呼ばれるホルモンが分泌されることで起こります。
グリセリンが分泌されると脳の視床下部にある食欲中枢が刺激され空腹感を覚えます。
更年期障害は、女性ホルモンのバランスが崩れ、視床下部の働きを乱します。

すると、グレリンにも影響を及ぼし、空腹感を感じやすくなってしまいます。

グリセリンはストレスでも分泌が増し、空腹感を感じさせるため、ストレスでイライラすると食欲が増してしまいます。

その上、自律神経の乱れも満腹中枢に影響を与えてしまいます。
このように、女性ホルモンや自律神経の乱れにより、満腹感が得られず、必要以上に食べ物を摂ってしまう傾向にあります。
また、更年期に入るとエストロゲンが徐々に減少していきます。
エストロゲンが減ることで代謝も低下してしまうので、痩せづらく太りやすい体質へと変わってしまいます。
このようなことからも、更年期に食べ物を多く摂ることは肥満に繋がってしまうため、注意が必要です。

1b

職場でのイライラを対策するには?

更年期のイライラの症状は代表的なもので、職場でもその症状が出てしまうのは仕方ありません。
しかし、男性の多い職場や若年層が中心の会社では、理解されないことも多いはずです。
更年期は、もともと閉経への道筋として、ホルモンバランスの変化に身体のほうが対応できず、さまざまな症状が起こる時期を指します。
そこで、職場でのイライラを抑制するためには、一人で悩まず、婦人科を受診し、医師の指導のもとでホルモン療法をおこなったり、漢方薬などを処方してもらうことも大切です。

また、イライラなどの更年期障害を緩和させる成分のサプリメントを使ってみることも重要でしょう。
閉経の前後10年間を乗り越えれば、心も体も必ずホッとする時期が訪れます。
そのためには、普段から栄養のバランスに気をつけたり、職場でたまったストレスをうまく発散する方法を考えて、行動に移すことも良いでしょう。
なお、更年期のイライラは、職場でも事情を話しておくと、人間関係もスムーズになるかもしれません。

1c

お役立ちウェブサイト

ここでは更年期のイライラを中心に説明をしました。
更年期と言えば、イライラ以外にも色々と起きてきたりして、イボで困っちゃう人もいます。
そうならば、参考になりそうなサイトがあります。
それは、イボに効果のあるヨクイニンについて説明してくれているサイトです。
ヨクイニンがイボに効果的な理由などもわかりますので、是非、一読をお勧めします。
こちらのサイトです。

ヨクイニンの効果|イボなどの肌トラブルに効果的な理由

あなたのお役に立てばと思います。